血糖値の診断結果

血糖値とダイエットの正しい関係!原因は肥満ホルモン?

血糖値と肥満について勉強

血糖値がダイエットに悪影響を与えるとよく言われますよね。
でも、意外とその根拠は抜け落ちがちです。

血糖値とダイエットの関係は、とても重要なもの。
しっかりと把握していなければ、痩せにくくなるどころか、血糖値の急激な上昇が体を壊す原因にもなってしまいます。

でも、血糖値をうまくコントロールできれば、食事制限ダイエットや運動、酵素ダイエットなどにもプラスの効果が期待できます。
血糖値と肥満の関係を正しく知って、体重の増加防止にうまく役立てましょう。

↓手っ取り早く対策!↓
↓おすすめサプリはこちら↓
11091

血糖値の上昇は脂肪ができやすくダイエットに不利?

無理なダイエットで貧血

まず最初に「血糖値」とは、血液中の糖分の量をさす数字のこと。
体に適度な栄養を届けるための、重要なバロメーターなんです。

血液の中の糖質の濃度が高すぎると、糖尿病や、すい臓など内臓系の病気の原因になります。
でも、通常より低糖質すぎるのもNG。
血糖値が低すぎると体がうまく機能せず、低血糖が原因で倒れてしまうことも…。

無理に痩せた結果、貧血を起こしてしまう人がたまにいますね。
でも、実は低血糖も貧血と症状が似ているため、素人では見分けがつかない場合もあります。
これは注意が必要です。

一方、血糖値が高すぎる場合は「インシュリン(別名:インスリン)」というホルモンが分泌され、血糖値の上昇を抑える働きをします。

でも、インシュリンが分泌されることにより、余分なエネルギーは脂肪に変わりやすくなります。
これが、血糖値とダイエットの関係が重要と言われる理由。
脂肪燃焼を妨げないためには、血糖値の上昇し過ぎを防ぐ必要があるのです。

血糖値の急激な上昇にも注意

血糖値とリバウンドの関係

血糖値は、ダイエットのリバウンドにも関係が深く、予防のために重要な鍵にもなってきます。

食事制限をすると、血糖値が低い時間が多くなり、肥満防止にいいと勘違いされがちですね。

でも、常に血糖値が低い状態だと、食事で糖分を摂った際に血糖値が急激に上昇する可能性が高くなるのです。

血糖値が急激に上昇すると、インシュリンの分泌量が高まります。
その結果、身体の中に脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

無理な食事制限がリバウンドを引き起こしやすいのは、血糖値の関係も大いにあるのです。
安易に食事を抜いて痩せるのは、その後の反動が辛くなるため、あまりおすすめできません。

また、空腹時の食事には、特に注意が必要です。
空腹の時に急いで短時間で食べたり、多くの量を食べ過ぎてしまうと、血糖値の急上昇を招きます。
すると、インシュリンがさらに大量に発生してしまうからです。

サラダを食べる人

この状況を防ぐためには、


  • 野菜から食べる
  • 料理に酢やオリーブオイルを使う
  • 食事前に間食はしない
  • 甘いものでも糖質制限を意識する

などの工夫が効果的。

食べる順番に気をつけたり、ご飯をゆっくり楽しむ習慣をつくっておけば、いざダイエットを始める時の苦労も少ないはずですよ。

血糖値は炭水化物の取りすぎに注意

血糖値に良くない食材

血糖値が上昇する原因になりやすいのが、炭水化物の摂りすぎです。

炭水化物は


  • ご飯
  • イモ類
  • 小麦を使ったパン
  • お菓子

に多く含まれており、体に吸収してすぐにエネルギーに変わってくれるのがいいところ。

でも、ダイエットの観点から見ると、血糖値が上昇しやすいため注意が必要な食材になります。
普段から炭水化物を多く摂りすぎている自覚があるなら、控えた方がよいでしょう。

糖分だけでなく、炭水化物を減らすこともポイントになってくるんですね。

ただし、全ての炭水化物を断つというのも、栄養の面から言うとよくありません。
もっとも理想的で安心なのは、低炭水化物ダイエットなどでもよく言われる「太らない炭水化物の食べ方」を実践することでしょう。

代表的なものを挙げるなら、


  • 食べ物をよく噛むことで満腹中枢を刺激し、脳に「お腹いっぱい」と錯覚させることで大食いを防ぐ
  • ごはん、汁物、おかずを順番に食べる「三角食べ」を習慣にする
  • 白米の代わりに、玄米や雑穀米、麦ごはんを食べるようにする
  • 小麦粉中心のうどんやパン、パスタではなく、そばや全粒粉・ライ麦パンを主食に
  • 副菜に納豆や豆腐、豆乳など、大豆類を使った製品を食べる
  • おやつには精白糖ではなく、黒糖を使ったお菓子を選ぶ
  • 食べ過ぎを防ぐため、空腹感がある時はガムやレモン・ライム入りの炭酸水を利用

など。
他にも、スナック菓子や揚げ物を控えたり、キノコ類をたくさん食べるなど、血糖値を下げる方法には様々なものがあります。

フルーツとスムージー

また、簡単に済ませたい朝食でも、菓子パンやシリアル+牛乳といった、「炭水化物+砂糖」のメニューには要注意。
糖分の摂りすぎで、血糖値の上昇を招いてしまいます。

たっぷりのドライフルーツやヨーグルト、りんご・バナナなどのフルーツ+葉物野菜のスムージーなどで、数値が上がるのを抑制しましょう。
時間がない人は野菜ジュースや青汁、洋食と相性のいいコーヒーを朝に飲むのもいいですね。

健康とスリムな体形を保つために、血糖値が下がるような工夫をするのは大切なことです。
主食や飲み物など、小さなところから改善を始めてみましょう。


「…わかってはいるけど。」

好きな物を我慢できない方、外食が多い方、なかなか対策ができず悩んでませんか?
サプリなら簡単で手軽に、毎日欠かさず続けられます。

イチ押しのサプリメントを紹介しておきますね。

↓手っ取り早く対策!↓
↓おすすめサプリはこちら↓
11091

血糖値を偏らせないことがダイエットには大切

健康的にダイエット

最後に、血糖値は低すぎても高すぎても体に悪影響を与えます。
つまり、ダイエットのためには食べすぎを防ぐだけでなく、無理に食事を抜くのも絶対に避けた方がよいということです。

バランスよく食事をすると、血糖値だけが極端に上昇するのを防げます。
また、ヘルシーな食事は消化がよく、満足度が高いために食べ過ぎを防止できるので、健康的なダイエットにつながります。

一方、偏った食事ばかりすることは、体にもダイエットにもよくありません。
日常の食事のバランスには充分に注意して、血糖値を上手にコントロールしてみましょう。

[おすすめ関連記事]
バランスの良い食事とは?
トップページには、3週間のダイエットで5キロ痩せることにチャレンジする方法を提案しています。3週間で5キロ痩せる目標は、「食べ物」「運動」はもちろん、加えて「サプリメント」で補う方法が無理なく成功するカギ。
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。3週間ダイエットトップページ