DHA・EPAがコレステロールを下げる?

DHAとEPAのコレステロールを下げる効果

「DHA・EPA」は、サプリや栄養機能食品の広告でよく見かける栄養素。
効果として一般的に知られているのは、「頭が良くなる」とか「集中力・記憶力を高めるので、脳にいい作用がある」ということですよね。

でも最近、それに加えて「DHA・EPAにはコレステロールを下げる効果がある」という話を聞くことがあります。
実際のところ、「DHA・EPA」にはコレステロールを下げる効果があるのでしょうか?

この記事ではその点について調査し、まとめてみました。

DHA・EPAの働きは?

そもそもDHA・EPAとは?

オメガ3
「DHA・EPA」の正式名称は、


  • DHA=ドコサヘキサエン酸
  • EPA=エイコサペンタエン酸

です。

「DHA・EPA」は両方とも、サバやサンマなどの青魚に多く含まれる「n-3系脂肪酸(オメガ3)」の種類の一つ。
また、DHA・EPAは体の中で作ることが出来ず、食べ物などで摂取する必要がある「必須脂肪酸」の一種でもあります。

ちなみにn-3系脂肪酸(オメガ3)には、他にえごま油や亜麻仁油など、最近話題の油も含まれます。

[おすすめ関連記事]
ダイエットに良い油【3選】

どのような働きをするの?

血管を健康に保つ効果

集中力・記憶力を促進し、脳に関わる効果が期待できる「DHA・EPA」。

それぞれの働きとしては、


  • DHA=脳や神経の発達に役立つ
  • EPA=血液や血管の健康を保つ

というのが主な効能です。

研究が進んだ今では、栄養学の学会でも認められる栄養素となった「DHA・EPA」。
医療の現場でも、高脂血症や閉鎖性動脈硬化症の治療薬として使われています。
DHA・EPAは自然由来の成分ですから、副作用などの心配が少ないのもいいですね。

高齢者と子供

また、特にDHAは、子どもや高齢者が積極的に摂取したほうがいい栄養素としても知られています。
DHAは脳や神経細胞の中に多数存在するため、子どもの脳や目の発達を助けます。知能指数を上げるのにも役立つかもしれません。
妊娠中に摂取するのも、胎児にいい影響を与えると言われていますね。

そして高齢者にとっては、アルツハイマー型認知症や痴呆など、認知症の予防に役立ちます。
このようにDHAは、私たちの脳のはたらきに大きく関係する成分なんです。
(DHAを摂取することで白髪が改善される、という人もいますね)

魚の脂には、必ずDHA・EPAが含まれています。
ですから、これら2つはサプリメントなどでもほとんどセットで扱われています。

健康のために、ぜひ「DHA・EPA」を上手に活用しましょう。

コレステロールは悪者?

コレステロールとは何か

本来コレステロールは、私たちの体に必要な栄養素です。
なぜなら、コレステロールは細胞の形態を決める脂質の膜「細胞膜」の材料になるほか、ホルモンの材料にとしても欠かせないためです。

またコレステロールに関しては、医師や専門家の間でも、まだ基本の原理が固まるのが難しいところがあります。
なので、今もさまざまな意見が出ているのです。

善玉コレステロールと、悪玉コレステロールの問題もそうです。
「善玉の傾向が高いものは問題ないけれど、悪玉の数値は下げるべき」という意見もあれば、「病気への因果関係はないから、コレステロール値を下げる必要はない!」という意見もあり、真っ二つに分かれる事態となっています。

そもそも「コレステロールが基準値より高い=悪」とされるのは、動脈硬化の原因になるとされていたから。
「高コレステロール血症」と呼ばれる症状ですね。

研究結果

でも、実際のところ、アメリカの研究では「コレステロールが動脈硬化の原因ではない」という発表もされていたりします。
どっちの見解が100%正しいのかは、今のところわかりません。
判断は、まだ先になりそうですね。

医療の世界は、1日1日めざましく変化していくといいます。
コレステロールの効果を実証する、革新的な論文なども出てくるかもしれません。
その結果によっては、今後、世間のコレステロールへの認識が変わってくる可能性もあるでしょう。

脂質異常症や動脈硬化のリスクについて詳細を学びたい方は、こちらの特集記事が参考になります。

DHA・EPAとコレステロールの関係とは?

健康な血管を維持

さて、話を「DHA・EPA」と「コレステロール」に戻しましょう。
「DHA・EPA」の「血栓を防いで血液をサラサラにする」効果から、「コレステロールを下げる!」という内容へとつながっていきましたよね。

前述の通り、最近は「コレステロールが原因で動脈硬化が起こるわけではない」という研究が進んできています。
ですから、一旦「DHA・EPA」とコレステロールは分けて考えてみましょう。
すると、現状では「健康な血管を維持するためにDHA・EPAを摂取する」と理解するのが正解だと言えそうです。

…ただ、こうやって言うだけなら簡単なのですが、習慣化するとなると難しいですよね。
また、食品から目標摂取量を得るとなると、好き嫌いもあるので大変でしょう。
大量摂取は難しいし、即効性も期待はできません。

苦手な青魚


  • 「青魚ってちょっと苦手で…」
  • 「DHAとEPAを手っ取り早くとる方法ないの?」

そうお悩みの方、なかなか一歩踏み出せない方は、サプリメントが手軽で簡単です。

中性脂肪対策、認知症予防、血液サラサラ効果が期待できるのはもちろん、魚を食べないことで不足しがちな栄養成分を効率よく摂取できるのもポイントです。
DHAとEPAを毎日楽して摂りたい方は、ぜひチェックしてみて下さい。

↓こちらをクリック&タップ↓
4603

DHA・EPAにはコレステロールを下げる効果まとめ

DHA・EPAの摂取を心掛ける

「DHA・EPA」にはコレステロールを下げる効果があるのか、まとめてみましたがいかがでしたか?

現在の日本人は肉食寄りの食生活になっていて、魚の消費量が減っている…とは、よく聞きますよね。
そのため、現代人の多くは「DHA・EPA」の摂取目安量を満たしていないと言われています。

血管の健康は体の健康そのものにつながります。
「DHA・EPA」の平均摂取量をクリアして、ドロドロ血液をサラサラの状態に改善したいものです。
普段は魚をあまり食べない…という人も、この機会に普段の生活を見直してみてはどうでしょう?

マグロの刺身

ちなみに「DHA・EPA」を多く含む魚は、サンマ・アジ・ブリなどの青魚と言われていますが、赤身や白身の魚にまったく含まれないわけではありません。
マグロ(特にトロ)や真鯛、しらすなども、確実に「DHA・EPA」を含有しています。

また、「DHA・EPA」を多く含む食品としては、生で食べる「刺身」が理想的。
でも、乾燥させた魚(煮干し・ちりめんじゃこ・干物など)や魚の缶詰(サバ缶など)でも代用は可能です。

調理法は、フライよりも焼き魚や煮魚がオススメとされています。
調理によって「DHA・EPA」が減少するのは、主に強い加熱処理と脂分の流出が原因。
なので、いかに脂を外に出さずに吸収するかがポイントになってくるんです。

ライフスタイル

忙しい人には、毎日の料理はなかなか難しいかもしれません。
場合によっては加工食品もうまく取り入れるようにして、ライフスタイルに合わせて「DHA・EPA」の摂取量を調節しましょう。

また、サプリメントも忘れてはいけません。
魚類をたまには食べて、足りない分はサプリを飲んで補う。
そうやって、少しずつ健康な生活を心がけていきたいものですね。

[おすすめ関連記事]
魚は健康的なダイエット向き?
トップページには、3週間のダイエットで5キロ痩せることにチャレンジする方法を提案しています。3週間で5キロ痩せる目標は、「食べ物」「運動」はもちろん、加えて「サプリメント」で補う方法が無理なく成功するカギ。
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。3週間ダイエットで5キロ痩せる方法トップページ