ダイエットには停滞期がつきもの

減らなくなった体重

ダイエットを開始して、最初は順調に体重が減っていったのに、突然体重がピタっと減らなくなってしまう停滞期。
まさに「ダイエットあるある」ともいえるこの現象。それまでと同じように食事制限したり運動もしているのに全く痩せないと、なんで??と思ってしまいますよね。
そこでこの記事では、ダイエットにありがちな「停滞期」の脱出方法についてご紹介します。

なぜダイエットには停滞期があるの?

停滞期の仕組みを紹介

ダイエットの停滞期の理由は、人間が持っている「ホメオスタシス」という機能によるものです。
ホメオスタシスとは、外部や内部の環境の変化が起こっても、常に体の状態や機能を正常に保とうとする機能のこと。
そしてこのホメオスタシス機能、1か月に体重のおよそ5パーセントが減少すると働きはじめると言われています。
人間の体が体重の変化を「飢餓状態だ」と判断することで、消費エネルギーを抑え、逆に入ってきたエネルギーを出来るだけ体に溜め込もうとするので体重が減らなくなります。これこそが停滞期の正体なのです。

ダイエットの停滞期の脱出方法はある?

でもやはり停滞期はイヤ!なんとか早く抜けたい…そんなあなたに、ダイエット中の停滞期の脱出方法についてご紹介します。

ダイエットの停滞期の脱出方法
1.食事量を減らしすぎない

いつも通りの食事

停滞期に入ることで、以前と同じペースで体重が減らなくなったことで焦り、「もっと食事を減らさなきゃ!」とばかりにさらに食事制限を厳しくする人もいるかもしれません。
でもそれは逆効果。体が栄養不足になってしまうことでよけい代謝が落ちてしまいますし、ストレスも溜まってリバウンドしてしまう危険性も高まります。
「停滞期に入るのは自然なことだ」ときちんと認識し、この時期は体重が増えなければOKとして、食事量を減らしすぎないということが停滞期の脱出方法としては重要だと言えます。

食事量が減ると、摂取する栄養素も減ります。
体調不良などを引き起こさないためにも、常にバランスの良い食事への心掛けが基本になります。

ダイエットの停滞期の脱出方法
2.タンパク質を多めに食べる

タンパク質の多いささみ

ホメオスタシス機能により体が省エネモードになると、基礎代謝が落ちてしまいます。
この時期はエネルギーの吸収率が高くなっていますので、筋肉の材料になるタンパク質を多めに摂ることが停滞期の脱出方法として効果的です。
筋肉を落とさないようにすることで基礎代謝の低下も防げます。
特におすすめなのは、鶏のささみや胸肉、豚ヒレ肉、豆腐などの大豆製品のような「低カロリー高タンパク」な食材です。

ダイエットの停滞期の脱出方法
3.思い切り食べてみる

食べ過ぎに注意して食事

ホメオスタシス機能が働いているときというのは、体が「飢餓状態である」と認識している状態です。
そこで、「明らかに以前と同じようにきちんと摂取カロリーも抑えているのに痩せない」と、停滞期にはまってしまっている場合は、逆に「思い切り食べてみる」という脱出方法があります。
そうすることで、体に「飢餓状態ではないよ」と認識させることで、ホメオスタシスの働きを弱めることが期待できます。
ただ、思い切り食べるのは1週間から2週間に1度のみです。頻度が高ければ逆に太ってしまうことになりますので要注意ですよ。

ダイエット中の停滞期の脱出方法まとめ

ダイエットに成功

この記事では、ダイエットにありがちな「停滞期」の脱出方法についてご紹介しました。
体にとっては生命を維持するためのごく自然な現象だと言えますが、やはりなんとか早く脱出したいと思うものですよね!
今回紹介した脱出方法を参考にして、是非ダイエットを成功させてくださいね。

トップページには、3週間のダイエットで5キロ痩せることにチャレンジする方法を提案しています。3週間で5キロ痩せる目標は、「食べ物」「運動」はもちろん、加えて「サプリメント」で補う方法が無理なく成功するカギ。
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

3週間ダイエットで5キロ痩せる方法トップページ