食物繊維の働きは色々

ゴボウ

食物繊維と言うと、ゴボウにたくさん含まれていて便秘解消に効果があるというイメージが強いかもしれません。
しかし実は便秘だけではなく健康維持のために様々な働きをしてくれるほか、ダイエットなどの美容にも効果があります。
この記事では、食物繊維に具体的にどのような性質や働きがあるのかを詳しくまとめました。

食物繊維って何?

食物繊維とは何か紹介

別名「第六の栄養素」とも言われる食物繊維。
その定義は「人間の消化酵素で消化することのできない難消化性成分」です。
そのため、以前は「エネルギーにならない栄養」だということで、栄養学的には不要なものだとして扱われてきました。
しかし、海外の研究で食物繊維が様々な疾患を予防する働きがあると報告されるようになってからは、その様々な効果や働きが注目を浴びるようになってきています。

食物繊維の種類

2種類の成分

食物繊維は大きく分けて、水に溶ける性質のある「水溶性食物繊維」、逆に水に溶けにくい性質を持つ「不溶性食物繊維」の二種類があります。
それぞれの大まかな性質と働きは以下の通りです。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は主にワカメや昆布などの海藻やコンニャクなどに含まれます。
水分を吸収してゲル状に変化する性質があり、血糖値が急激に上がるのを防いだり、血中コレステロール値を減少させるなど、ダイエット(肥満予防)や健康維持に様々な働きがあるとされています。

[おすすめ関連記事]
血糖値とダイエットの関係を知る

不溶性食物繊維

一方不溶性食物繊維は、ゴボウや玄米などの穀類、ココアなどに含まれています。
水に溶けず、水分を吸収して膨らむことで腸を刺激し、腸のぜん動運動を促進して便の排出を促してくれる働きがあります。

食物繊維の働きと効果は?

①便秘解消効果

整腸作用

上記で水溶性・不溶性の二種類の食物繊維について紹介しましたが、二種類どちらにも整腸作用があります。
どちらも腸内で分解されることで善玉菌であるビフィズス菌が増えるのです。
また、水溶性食物繊維は人体にとって有害な物質の吸収を妨げて便として排出する働き、不溶性食物繊維には前述の通り腸のぜん動運動を促進する働きがあり、それぞれ便秘解消に一役かってくれます。

②ダイエット効果

食物繊維でダイエット

食物繊維の働きとしてもう一つ嬉しいものに、「ダイエット効果」があります。
これはまず、食物繊維を含む食品には硬さや弾力があるものが多いため、自然に咀嚼(噛む)回数が増えて食べ過ぎを防いでくれるということが挙げられます。
さらに、消化されないために胃の中に長時間とどまり、満腹感が持続しやすいこともダイエットに効果があるとされる理由の一つです。

③コレステロール値を下げるなどの健康効果

様々な効果が見込める食物繊維

食物繊維の働きとしては、その他健康にも様々なものが期待されます。
まずはコレステロール値を下げる働き。脂肪の消化吸収の働きをする「胆汁酸」の原料はコレステロールなのですが、水溶性食物繊維はにはこの胆汁酸の排泄を促進する働きがあるため、コレステロール値を下げる効果が見込めます。
その他にも高血圧や糖尿病など様々な疾病の予防にも期待できると言われているんですよ。

食物繊維の働きまとめ

ダイエットや健康にオススメ

この記事では、食物繊維の働きについて詳しくまとめました。
こんなに様々な働きがあるのに、「私は便秘じゃないから特に意識して摂る必要はない」なんて勿体ないですよね。
便秘解消はもちろんのこと、ダイエットのためや健康のため、是非積極的に食物繊維を摂るように心がけたいですね。

トップページには、3週間のダイエットで5キロ痩せることにチャレンジする方法を提案しています。3週間で5キロ痩せる目標は、「食べ物」「運動」はもちろん、加えて「サプリメント」で補う方法が無理なく成功するカギ。
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。3週間ダイエット | 5キロ痩せる方法を習慣にした結果…