必須脂肪酸の役割を説明

必須脂肪酸の具体的な役割とは?

必須脂肪酸とは何か考える人

「必須脂肪酸」という言葉を聞いたことがありますか?

脂肪というと、一般的に「キレイ」とは反対のところにあるもの。
普段からダイエットを心がけている人は、

「やせるためには、脂肪なんか絶対につけちゃダメ!」

と、敬遠したくなるかもしれません。

でも、名前に「必須」という言葉がついている通り、必須脂肪酸は私たちが生きていくために欠かせない栄養素。
人間の生命を維持するための、さまざまな役割を持っているものなんです。

必須脂肪酸というのは、一言で説明すると「体の中でつくり出すことができないため、食物などから摂取する必要がある脂肪酸」のこと。
そして、必須脂肪酸には中性脂肪の燃焼を促進したり、生活習慣病を予防するはたらきも見込めます。
つまり、上手に付き合えば、ダイエットや健康の強い味方になってくれるのです。

どうですか?
必須脂肪酸の特徴や摂り方に、少しずつ興味が湧いてきましたか?

この記事では、「必須脂肪酸」がなぜ必要なのか、具体的な役割について詳しく説明します。
必須脂肪酸が含まれている食品もたっぷりご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

必須脂肪酸の種類と含まれる食品

必須脂肪酸の種類を解説

「必須脂肪酸」について正しく知るために、まずは、その種類から見ていきましょう。
必須脂肪酸には、何種類のものがあるのでしょうか?

答えは、2種類。
大きく分けると、必須脂肪酸は「オメガ-6」「オメガ-3」に区別されます。

そして、その中でもさらに細かい分類があります。

オメガ-6は、


  • 「γ-リノレン酸」=ごま油、ひまわり油、コーン油などに含まれる
  • 「リノール酸」=ごま、大豆などに含まれる
  • 「アラキドン酸」=牛、豚レバー、卵、サバ、イワシなどに含まれる

オメガ-3は、


  • 「α-リノレン酸」=えごま油や亜麻仁油などに含まれる
  • 「エイコサペンタエン酸(EPA)」=サバやサンマなどの青魚などに含まれる
  • 「ドコサヘキサエン酸(DHA)」=同じく、青魚に多く含まれる

の、それぞれ三種類です。

現代の食生活

ちなみに現代の食生活では、一般的に「オメガ-6」は十分な摂取量がありますが、「オメガ-3」は不足しがちな人が多いことがわかっています。
確かに、日本人の平均的な魚類の消費量が低下している…というのは、最近よく聞く話ですよね。

身体の不調を防ぐためには、普段から、特にオメガ-3系の脂肪酸が含まれる食品を積極的に摂るようにしたいもの。
それぞれの詳しい機能については、次の項目からお伝えしていきますね。

必須脂肪酸(オメガ-6)の役割とは?

オメガ6の役割を紹介

必須脂肪酸には、私達が生きていくために欠かせない様々な役割があります。
その役割を、オメガ-6とオメガ-3それぞれに含まれる脂肪酸の種類別にご紹介します。

リノール酸の役割

美容効果のあるリノール酸

リノール酸の作用でよく知られているのは、コレステロール値を下げる作用です。
動脈硬化を予防したり、高血圧を緩和する働きも期待できると言われています。

また、リノール酸は健康だけでなく、美容にもいい成分。
化粧品や美容オイルなどにも使われているだけあって、保湿効果に優れ、摂取することで美肌に近づけるでしょう。
リノール酸は「不飽和脂肪酸」で酸化しやすいため、酸化を防ぐ成分と一緒に使うことで効果アップするという豆知識もあります。

でも、摂取量には要注意。
現代の食生活では、普通にしていれば、リノール酸の必要量は充分に補給できているのだそうです。

リノール酸を摂りすぎると、健康効果を通り越して、心臓病や脳血管障害の可能性が高まります。
また、老化やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を引き起こすことも…。

あくまで、適度な量を摂取することが大切ですね。

γ-リノレン酸の役割

月見草油

γ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)は、コレステロール値や血糖値を下げる働きがあるとされる必須脂肪酸です。
善玉コレステロールが減少するのを抑えるため、生活習慣病や、肥満を予防する効果もあるのだとか。

さらに、γリノレン酸には、アレルギーによる炎症を抑えるはたらきもあります。
そして、代謝に伴って「プロスタグランジンE-1」というホルモンのような成分が増加し、月経前症候群やうつ病を軽減するなどの作用も。

γ-リノレン酸は植物性の油に多く含まれています。
(珍しいところでは、「月見草油」など)

毎日の食事のメニューで、先ほど挙げたような植物油を使ってみるのはいかがでしょうか。

アラキドン酸の役割

集中している人

アラキドン酸は、「脳の働きに欠かせない」と言われる栄養素です。

乳幼児の脳や体の発達を助け、学習力や記憶力を向上させる効果。
そして、年配の方が脳を若々しく保つためにも大切だと言われています。
アラキドン酸が不足すると、脳の情報伝達や、集中力に支障をきたすこともあります。

また、アラキドン酸には、免疫力の向上に関わったり、血圧を調節する作用もあるのだそう。

ただし、この栄養素も、現代の肉類中心の食事では不足する心配はあまりありません。
過剰摂取は大腸や皮膚のがん、アレルギー性疾患などを引き起こしてしまう恐れもあるので、注意してください。

必須脂肪酸(オメガ-3)の役割とは?

オメガ3の役割を紹介

α-リノレン酸の役割

α-リノレン酸は、血流を改善して血栓を防ぎ、動脈硬化などのリスクを下げる作用のある必須脂肪酸。
また、体内に取り入れるとDHAやEPAに変換されるという特徴ももっています。

そして、αリノレン酸のもう一つのメリットは、オメガ-6の一種「リノール酸」の過剰摂取で起こるアレルギーの抑制効果が見込めること。
前述の通り、リノール酸には、確かにコレステロール値を下げる作用があります。
でも、リノール酸は、摂りすぎると逆にアレルギー症状を悪化させてしまうことがわかっています。

一方、αリノレン酸はリノール酸に対して競合的に働く性質を持っています。
そのため、リノール酸が原因で起きたアレルギー症状を緩和できる仕組みになっているんですね。

αリノレン酸には他にも、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる作用もあります。
ぜひ、バランスよく取り入れたい栄養素と言えますね。

DHAの役割

脳に良い成分

「頭が良くなる成分」として、広く知られているDHA。
もともと脳や神経などに存在していて、特に乳幼児や成長期の子供の脳や神経の発達に重要な役割を担っています。

また、最近の研究では、アルツハイマー型認知症の治療や、視力を回復する効果が見込めることもわかってきていますね。

DHAを効率的に摂取するために、一番メジャーなのは、青魚や魚油を食事に取り入れることでしょう。
脳だけでなく、ダイエットやアンチエイジングにもいいと言われているので、ぜひ試してみてみてください。

EPAの役割

サラサラな血液

「EPA」は、一見、DHAと似ていますね。
多く含む食品が魚である、という点でもそうです。
違いを説明するならば、「DHA」が脳や神経系に作用する栄養素であるのに対して、「EPA」は血液循環をよくするはたらきがあるということ。

そう、EPAの主な役割は、血液をサラサラにして血液や血管の質を向上させることです。
そのため、動脈硬化や、そこから引き起こされる心筋梗塞・心不全・脳梗塞といった病気を防ぐ効果が期待できるんです。
炎症を緩和したり、免疫力をアップさせる作用もあるので、病気の発症を防ぐ効果も見込めますね。

また、DHAと共にコレステロールを下げる効果に注目している人も多いのではないでしょうか。
ただ、「実際にコレステロールを下げるのか?」については色々な見解があるようです。

気になる方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

必須脂肪酸の役割や含まれている食品まとめ

必須脂肪酸の役割をネットで検索

いかがでしたか?
必須脂肪酸の具体的な役割と重要性について、理解していただけたでしょうか。

私たちの体に欠かせない、必須脂肪酸。
欠乏すると免疫機能が低下して、体調不良の原因になるだけでなく、美容面でも悪影響をもたらします。
肌荒れで肌がカサカサになったり、髪の毛が傷んでしまったり…。
そんな状況は絶対にイヤですよね。

ダイエット中だからこそ、必須脂肪酸をバランスよく摂取することが大切です。
推奨量をきちんと補充して、綺麗に健康的に痩せられるよう心がけましょう。

といっても、毎日の食事を急激に理想に近づけたりする必要性はありません。
必須脂肪酸が含まれている食品が何かを意識して、少しずつレシピを加えていけばいいんです。

そして、忙しくて日々の献立を考える暇がない人は、必須脂肪酸をサプリやドリンクなどから直接摂る方法もいいでしょう。
おすすめの商品を紹介しておきますね。

健康にこだわりたい方
↓詳細はこちら↓
↓ボタンをクリック&タップ↓
4603
美容にこだわりたい方
↓詳細はこちら↓
↓ボタンをクリック&タップ↓
709
トップページには、3週間のダイエットで5キロ痩せることにチャレンジする方法を提案しています。3週間で5キロ痩せる目標は、「食べ物」「運動」はもちろん、加えて「サプリメント」で補う方法が無理なく成功するカギ。
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。3週間ダイエットで5キロ痩せる方法の習慣