有酸素運動と無酸素運動の違いって?

効果の違いに疑問

大きく分けて「有酸素運動」と「無酸素運動」が存在します。
それぞれには大きな特徴の違いがありますが、意外にその正確な違いというのを理解している人は少ないものです。
ここでは、両種の違い、そして多くの人が気になる「ダイエット」に効果があるのはどちらなのかをまとめました。

有酸素運動とは?

ジョギング

有酸素運動は、酸素を取り込んで体の中の脂肪や糖質を燃焼させてエネルギーに変えながら行います。
ウォーキングやジョギング、水泳などの軽度~中度の負荷をかけて行うことが一般的です。
特に20分以上継続して行うことで、脂肪分解酵素のリパーゼが活性化し始めるためにより効果的に脂肪が燃え始めます。
また、使用するのは、エネルギーの消費量が他の筋肉よりも多い「赤筋」です。
筋肉には大きく分けて赤筋・白筋があり、「赤筋」は脂肪をエネルギー源としており脂肪の燃焼効果は白筋の2倍もあるんですよ。

無酸素運動とは?

筋トレ

一方、無酸素運動は酸素をエネルギー源としてほとんど必要としません。
例えば短距離走や筋トレ、重量挙げなど、瞬間的に、もしくは短い時間に高い負荷をかけるものです。
そしてエネルギー源となるのは、筋肉内のグリコーゲン(糖)。

また、使う筋肉は「白筋」。
別名「速筋」とも言い、その名の通りに素早く収縮することができるため、瞬間的に大きな力を出すことができる一方、持続時間は短いために長時間続けるには向いていません。

「赤筋」と「白筋」を詳しく知りたい方はこちらのサイトが便利です。

有酸素運動と無酸素運動の違いを見て、どちらがダイエットに効果的?

効果的なダイエット紹介

それぞれの特徴の違いを見てみると、ダイエットに効果的なのはやはり脂肪を燃やす有酸素運動のように思えてきます。
確かに脂肪を直接燃やすことができる点では注目されます。
でも、無酸素運動というのは筋肉量を増やすことができるので、エネルギー消費を多くさせ、基礎代謝量をアップさせることができます。
基礎代謝量がアップするということは、何もしていなくてもエネルギーを消費してくれる、つまり痩せやすい体質になれるということです。
ですから、ダイエットに最も効果的なのは、「脂肪を燃焼させる有酸素運動」と「筋肉をつけて基礎代謝を上げる無酸素運動」を組み合わせることだと言えます。

有酸素運動と無酸素運動の違いまとめ

効率的にダイエット

有酸素運動と無酸素運動の違い、そしてダイエットに効果的なのはどちらなのかをまとめました。
それぞれの違いや特徴をしっかりと把握しておくことで、ダイエットもより効率的に行えますよ!

トップページには、3週間のダイエットで5キロ痩せることにチャレンジする方法を提案しています。

3週間で5キロ痩せる目標は、「食べ物」「運動」はもちろん、加えて「ダイエットサプリメント」で補う方法が無理なく成功目指すカギ。
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

3週間ダイエットで5キロ痩せる方法を習慣にした結果