和食ダイエットの効果で健康的に痩せる!

和食の食卓

和食ダイエットの効果が注目されています。

食事の栄養バランスを考えることは、健康への第一歩。
それがダイエットにつながったら最高、と考える人は多いのではないでしょうか。

そこで、こだわりたいのが和食です。
最近は、海外でも和食のダイエットに効果が期待できると、和食ブームが起こっていますよね。

では、和食のどんなところがダイエットに向いているのでしょうか?
この記事では、そのポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

和食は低カロリーでダイエット向き?

和食ダイエットは低カロリー

和食のメニューは、焼いたり蒸したりする調理法のものが多いですよね。
そのため、洋食や中華、イタリアンなどと比べて、カロリーが全体的に抑えられる傾向にあります。

また、和食の主食となるごはんも、意外とカロリーは控えめ。
パンや麺と比べて、バターや砂糖などが入っていないのがいいようです。

ごはんは炭水化物なので糖分は多めですが、その対策は、おかずをしっかり食べること。
すると全体のカロリーが抑えられて、ダイエットに効果的な食事になるそうですよ。

ダイエット時はよく噛む効果で少量の満足感

和食をしっかり噛んで味わう

一汁三菜」が基本となる、和食のメニュー。
汁物には野菜が使われることが多く、おかずも海藻を取り入れた料理があったりと、ヘルシーなイメージですね。

また、野菜中心のメニューは咀嚼する回数が自然と多くなるのも、和食がダイエットにいい理由のひとつ。

噛む回数が増えると、その分、飲み込むまでに時間がかかります。
そしてその間に満腹中枢が刺激され、脳が「お腹いっぱいになった」と勘違いします。
そのため、腹八分でも十分に満足して食事を終えることができるのです。

また、和食のメインのおかずでよく使われる魚も、お肉と比べ脂質の量が少ないヘルシーな食材。
焼いたり蒸したりする調理法が多いので、余分な油や糖分を減らすこともできます。
魚の骨を取りながら食べることで、ゆっくり食事ができるのも、少量で満足感につながる秘密ですね。

一汁三菜の献立チェックにはこちらのサイトが便利です。

和食は「汁物、おかず、主食」の順に食べよう

和食の三角食べ

ごはん、お味噌汁、おかずを順番に食べる「三角食べ」は、和食を楽しむ時の基本といわれていますね。

でも、ダイエット効果を高めるためには、この食べ方をちょっと変えてみましょう。
おすすめなのは、


  1. お味噌汁
  2. おかず
  3. ごはん



の順に食べる方法です。

この順番だと、汁物を最初にお腹に入れることで満腹感を得ることができます。
そのため、食べすぎを防ぐ効果があります。

そして、おかずをしっかり咀嚼して、最後にごはんを食べるのもポイント。
焦らずにきちんと食材を味わうことで、少ない量の食事でも満足感が大きくなるのです。

和食は肉より魚メインで食べるのがコツ

魚を食べてダイエット

和食のメインのおかずとなる魚には、とても多くの栄養が含まれています。

血液をサラサラにする効果が見込める


  • DHA
  • EPA



といった成分も豊富。
そのためダイエット目的だけでなく、育ち盛りのお子さんや妊婦の方にもおすすめと言われますね。

魚はたくさんの種類があり、調理方法も多彩なので、献立で迷わなくていいのも魅力です。

[おすすめ関連記事]
魚ダイエットで痩せた?

和食ダイエットの口コミ

口コミ①
「ゆっくり噛んで満腹中枢を刺激」

梅田 洋子さん[36歳/女性]の口コミ

和食ダイエットに挑戦してみました。
3ヶ月続けて、ゆっくりですが2キログラム痩せました。

私は食べることが好きなので、食べないダイエットはできません。
なので、お腹を一杯にするために、豆や豆腐、食べるのに時間がかかる骨つきの魚を食べるようにしました。
また、和食でも薄味を心がけるようにしました。

時間をかけてゆっくり噛むと、満腹中枢が刺激されます。
そして、たくさん食べた気持ちになります。

ゴボウなどの根菜類は、よく噛むので特に満足します。
たくさん煮物を食べ、そのおかげか毎日快便。
便秘が解消され、ダイエットにつながったことが本当に嬉しかったです。

肌の調子も良くて、このまま続けようと思っています。

口コミ②
「1日二食を和食に」

木橋 絵里奈さん[31歳/女性]の口コミ

日本人と言えば和食!
和食は体によくて続けやすく、ゆっくりペースで地道に継続するにはピッタリなダイエットです。
私も試してみましたが、ゆっくりでしたが効果がありました。

ただ、2年くらい和食ダイエットを続けていましたが…。
和食だけでは辛くなる時期があるんですよね。
1日二食だけの和食ダイエットなら継続できる自信がありますが、和食のみだと正直きつかったです。

今は1日二食を和食にしてますが、一食だけなんでもありにしています。

和食ダイエットしてから快便になり、健康まっしぐらの気分。
そして、体重は2年で11キロ減。

好きなだけおかわりして、たらふく食べて、運動もしてなかったのに…。
効果があったのが不思議なくらい!
私に合っていたのでしょうか?

地道にゆっくり痩せられた理由は、継続しやすいことと、薄味を心がけていたからだと思います。

口コミ③
「ジャンクフード慣れの人には効果的かも」

千早 雅子さん[37歳/女性]の口コミ

結果から言うと、わたしは体重はあまり変わらなかったです。

お昼も社員食堂で和食を食べていたし、カロリーも気にしていたのですが、和食ダイエットを3ヶ月やってみても、変わる気配がありませんでした。
1年とかやっていたら、変わったのかもしれません。

私の勝手なイメージでは、ジャンクフードばかり食べて太った人には和食ダイエットは効果的かもしれません。
ただ、普通の食事だと、そこまでは効果は見えにくいかな?と。

私の知り合いは、和食でごはんの量を減らして、毎日の運動をしたら、少し体重に変化があったみたいです。

運動ありきの和食ダイエットっぽいですが、健康にもなることを考えるならいいですよね。
長い期間をかけてやってみると、体質は変わっていくかもしれません。

口コミ④
「和食にも沢山油が使用されている」

後藤 香織さん[25歳/女性]の口コミ

ダイエットをしようとしても、朝はやる気と活力維持の為に食べておきたいし、昼は同僚と一緒に食堂、夜は家族が作ってくれた料理が待ってるという環境でした。
そんな時におにぎりダイエットが流行っていました。
おにぎりだけというのは生活の中では難しかったので、それをヒントに和食ダイエットをやりました。

1ヶ月間おにぎり、汁物、金平ごぼうや切干大根の煮付けなどの和食のおかずでやってみました。
ストレス無く行えましたが、最近の和食には油が沢山使われ、なおかつ和食の味付けは甘じょっぱい物が多かったのです。

なので体重は確かに1.5キロ痩せましたが、体脂肪は変化ありませんでした。
似たようなおかずの味付けとお米が食べられるという安心感に、ダイエットしている気分ではなかったので、私には向いていませんでした。


※プライバシー保護のため、体験者は仮名です。

和食ダイエットの効果まとめ

健康的な食事でダイエット

和食ダイエットについて解説しました。
日本人らしく和食にこだわり、根菜や煮物など、健康的な食事を意識している方は、体の中から綺麗な印象があります。
ぜひあなたも実践してみて下さい。

トップページでは、3週間のダイエットで5キロ痩せることにチャレンジする方法を提案しています。

3週間で5キロ痩せる目標は、「食べ物」「運動」はもちろん、加えて「ダイエットサプリメント」で補う方法が無理なく成功するカギ。
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

3週間ダイエットで5キロ痩せる方法