筋肉量の増量で基礎代謝が上昇!ダイエット効果もアップする?

筋肉を鍛えて基礎代謝アップ

ダイエットのためには、筋肉量を増やして基礎代謝量を上げるのがいいとよく言われますね。

では、「基礎代謝」とはどのようなものなのでしょうか?
また、基礎代謝と筋肉量の関係はどうなのでしょうか?

この記事で詳しく説明していきます。

基礎代謝とは?

基礎代謝を上げて脂肪燃焼

「基礎代謝」とは、安静にしているときでも消費される必要最小限のエネルギー代謝量のことを言います。

じっとしていても、人間の体では常に


  • 呼吸
  • 体温調節
  • 心臓の動き
  • 内臓の動き



といった、生命維持の活動にエネルギーが使われています。

この基礎代謝量は、年齢によっても違ってきます。
一般的には、10代をピークに加齢とともに低下していくと言われますね。
これは、筋肉量の減少が主な原因と考えられています。

基礎代謝と筋肉の密接な関係

基礎代謝の約20%は筋肉の維持のため消費です。
ですから、個人の体の筋肉量が、ある程度基礎代謝に影響しているのは間違いありません。

でも、それがダイエットにつながるかというと、どうでしょうか?

ある計算によると、筋肉が5kg増えた場合、基礎代謝量は1日50~70kcalほど上がればいいようです。

5kgの筋肉を付けるのは、並大抵なことではありませんよね。
そのため、筋肉の増減と基礎代謝量の変化には、あまり大きな関係はなさそうだとわかります。

でも、体の中の筋肉量が増えるということは、活動代謝量が増えるということ。
私たちが行動する時、筋肉は糖や脂肪をエネルギーに変えて動きます。
筋肉が多いということは、この時に消費されるエネルギーも多いということなのです。

消費エネルギーが増えると、ダイエットに効果がありますね。
つまり活動代謝量を増やすことが、エネルギー消費を増やすこと=ダイエットにつながるのです。

上記は筋肉5kgに対しての数値でした。
筋肉1kg増えると13kcal程度の消費エネルギーの増加が期待できることを参考に覚えておきましょう。

基礎代謝と筋肉量のまとめ

筋肉量を増やして基礎代謝を上げようとしても、残念ながらエネルギーの消費量は、それほど上がるわけではありません。

でも、筋肉を鍛えることで活動代謝量は上げることができます。
体を動かすときの消費エネルギーが増えて、ダイエットにつながるんですね。

筋肉が多くなればなるほど、活動代謝のエネルギー消費の効率は上がります。
そして、その消費エネルギーが余分な脂肪を燃焼させて、ダイエットが成功しやすくなるのです。

筋肉量は、ダイエットにとても大きな関係があるんですね。

トップページでは、3週間で5キロ痩せるダイエット方法を掲載しています。

食事&運動はもちろんのこと、3週間ダイエットに成功するための”おすすめサプリ”も紹介しています。
ぜひ確認してみて下さい!

3週間ダイエット | 5キロ痩せる方法を習慣にした結果…