水泳ダイエットって?

効果を説明

水泳ダイエットとは、その名の通り水泳をしてカロリーを消費するダイエットです。
「私は泳げないから無理…」とあきらめている人も多いかもしれませんが、泳げなくても水泳ダイエットは可能です。
というのは、水の中にいると水圧によって負荷がかかるため、ただ歩くだけでも高いダイエット効果があるから。
この記事では、水泳ダイエットのやり方についてご紹介します。

水泳ダイエットのメリットとは?

消費カロリーの高い水泳

水泳ダイエットのメリットは、やはりその消費カロリーの高さにあります。
例えばプールの中で歩くだけでも、1時間で236kcalが消費できます(体重50kgの場合)。
また、泳ぎの場合はゆっくりした平泳ぎでは1時間で278kcal、普通の速さのクロールではなんと436kcalも消費します。
また、浮力のおかげで膝などへの負担が軽くなるというのも良い点。逆に普段運動していない人にとっても取り組みやすいダイエットだと言えます。
そして血流が改善することで新陳代謝が良くなり、痩せやすいだけでなくお肌も綺麗になります。
また、リンパの流れが良くなることで老廃物の排出が促され、むくみにくくなります。

水泳ダイエットのやり方
1.まずはウォーキングから

水中ウォーキング

水泳ダイエットのやり方のポイントとして、プールに入ったとたんにいきなり泳ぎ始めない、ということが挙げられます。
プールに入る前にはしっかりと準備運動をするのはもちろんですが、いきなりハードに泳いでしまうとすぐにバテてしまいます。
最初は少しウォーキングをし、それからゆっくりとしたスピードで泳ぎ…と、少しずつ体を慣らしていきましょう。

水泳ダイエットのやり方
2.最低でも30分は泳ぐ、でも泳ぎすぎも注意

20分~30分泳ぐ

水泳ダイエットのやり方で気を付けたいものに、一度に泳ぐ時間があります。
有酸素運動と言えば20分以上経ってからやっと脂肪が燃え始める…と言われていますが、実際のところは脂肪も運動開始直後からエネルギーとして使われています。
正確には、運動開始直後は糖が主に使われ、20分以上経つと脂肪のほうが糖を上回るのです。
ですのでやはり泳ぐのであれば最低20分、できれば30分は泳ぎたいところです。
しかし、2時間も3時間も泳いでいると逆に体がエネルギー不足になり、筋肉を分解してエネルギーを補給しようとしてしまうので逆効果です。目安としては長くても1時間以内が良いでしょう。

水泳ダイエットのやり方
3.週に3回程度泳ぐ

どの位泳げばいいのか疑問

水泳ダイエットのやり方で迷うのは、「週に何回くらい泳げば良いの?」ということではないでしょうか。
ベストなペースとしては、週に3回程度だと言えます。
というのは、有酸素運動は毎日行うことでだんだん体が慣れてしまい、痩せにくくなってしまうからです。
また、筋肉を休めるという意味でも日にちをあけるのは大事です。

水泳ダイエットのやり方
4.食事に注意

食べ過ぎ注意

水泳ダイエットのやり方で気を付けて欲しいポイントのもう一つは食事です。
いくら水泳の消費カロリーが高いとは言え、泳いだ後にたくさん食べてしまっては意味がありません。
泳いだ後はお腹がすいてしまいますが、その際も食事の量には十分気をつけましょう。
食事内容としては筋肉のもとになるたんぱく質をしっかり摂ることがやはり大事。
また、水泳前のエネルギー補給としてはバナナやおにぎりなどの消化のよいものがおすすめですよ。

水泳ダイエットのやり方まとめ

水泳で綺麗にダイエット

水泳ダイエットのやり方についてご紹介しました。
やり方のポイントをきちんと押さえることでより効率を上げ、綺麗に痩せることができますよ。
天候に関係なく通えるというのも水泳ダイエットのメリットですよね。是非、チャレンジしてみて下さいね。

トップページには、3週間のダイエットで5キロ痩せることにチャレンジする方法を提案しています。
3週間で5キロ痩せる目標は、「食べ物」「運動」はもちろん、加えて「ダイエットサプリメント」で補う方法が無理なく成功目指すカギ。
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。3週間ダイエットで5キロ痩せる方法