ダイエット茶を飲む

ダイエット茶のおすすめは?
手軽に飲んでスッキリ痩せたい!

お茶で美味しくダイエット

ダイエットするなら、なるべく無理なく健康に、スリムな体形を手に入れたいものですよね。
そんな時、「ダイエット茶」を活用する人も多いと思います。

サプリほど本格的ではなくても、カロリーを気にせず飲めるお茶は、ダイエットの優秀なサポート役。
「飲みやすい」「おいしい」など自分の好みに合ったものを選べば、日常的な飲み物として、生活に取り入れやすいのも魅力です。

でも、最近はお茶にも本当に色々な種類があって、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。
本当に痩せるお茶って、いったい何なのでしょうか?

そこで、この記事では、ダイエット茶の中でどれが特におすすめなのかを徹底リサーチ。
それぞれのダイエット茶に期待できる、具体的な効果もあわせてご紹介します!

選び方や飲み方も一緒にチェックして、ぜひ自分だけのお気に入りを見つけてくださいね。

ダイエット茶おすすめ
1.「緑茶」

カテキンの入った緑茶

まず紹介したいのは、日本人にはとても馴染みの深い「緑茶」。
緑茶にも、実はダイエット効果があるので、普段から飲むのにおすすめなんです。

緑茶に含まれる成分の中で、ダイエットにいい効果が期待できるのは、渋み成分である「カテキン」。
カテキンはポリフェノールの一種で、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」を活性化する作用が見込めるため、脂肪が燃焼しやすくなるとされています。
また、食事の時に緑茶を飲むと、脂肪の吸収が穏やかになるとも言われているんです。

日本人なら、子供のころから飲み慣れた緑茶は、日常生活に取り入れやすいはず。
まずは自宅にある緑茶でいいので、さっそく試してみてください。

ダイエット茶おすすめ
2.「プーアル茶」

脂肪の吸収を抑えるプーアル茶

次のおすすめは、中国の雲南省が原産の「プーアル茶(プーアール茶)」です。

プーアル茶の特徴は、「後発酵茶(こうはっこうちゃ)」であるということ。
茶葉を加熱して、葉に含まれる酵素の働きを止めた後、乳酸菌・酵母等の微生物によって発酵させたお茶なのです。

一般的に、お茶は発酵度が高いほど身体への刺激が少なく、健康にいいと言われています。
プーアル茶は2度の発酵を経てつくられるため、中国茶の中でもよりヘルシーだとされているんです。

また、プーアル茶には「重合型カテキン」というポリフェノールが含まれいます。
これは、通常のカテキンよりも、中性脂肪の吸収を抑制するはたらきが強いといわれる成分。
緑茶に含まれているカテキンにも増した効果が期待できます。

そして、後発酵の働きによって、脂肪分解酵素のリパーゼが発生するのもこのお茶のメリット。
余分な脂肪分をどんどん分解して排出する、自然なデトックス効果が見込めます。

さすが、漢方の国・中国産のお茶ですね。

ダイエット茶おすすめ
3.「ルイボスティー」

便秘解消効果のあるお茶

「ルイボスティー」も、ダイエットを気にしている人にはおすすめ。
数年前までは知名度がなかったかもしれませんが、今はカフェなどで水の代わりに出してくれる店舗もあるので、すっかりおなじみになったのではないでしょうか?

ルイボスティーは、マメ科の針葉樹である「ルイボス」を原料とした、南アフリカ原産のお茶です。
風味はちょっと独特ですが、慣れると「おいしい!」と思うようになりますよね。

このお茶には、


  • カルシウム
  • ナトリウム
  • マグネシウム
  • ミネラル

などの成分が豊富に含まれています。
そのため、美容や健康にさまざまな効能が見込めるということで、人気を集めているんです。

スッキリと痩せた人

ルイボスティーのダイエット効果としては、マグネシウムの働きで腸内の水分を集め、便秘の解消にひと役買ってくれることが挙げられます。
つまり、お腹回りをスッキリとさせ、かつ代謝もアップさせてくれる可能性大!

また、ルイボスティーには活性酸素を除去する「SOD酵素」が豊富に含まれています。
そのため、アンチエイジングや美肌の効果が期待できるのもおすすめポイントですね。

ダイエット茶おすすめ
4.「ごぼう茶」

ごぼう

ごぼうを焙煎して作った「ごぼう茶」は、普段あまりなじみがないものかもしれません。
茶葉などではなく、野菜の根っこを原材料につくられるというのも、意外な気がしておもしろいですよね。

ごぼう茶は、今でこそダイエット茶として流行していますが、元は漢方薬として利用されていたものなのだそうですよ。

ごぼう茶に含まれる成分としては「イヌリン」というものがあります。
イヌリンには、腸内環境を改善する善玉菌「ビフィズス菌」の増殖を助ける働きがあります。

また、イヌリンは利尿作用を促進することで、体内の老廃物を排出してくれます。
そのため、むくみを防止する働きも期待できるんです。

仕事や家事をしていて「午後になるとどうしても脚がむくんでくる…」という悩みを持つ女性も多いのではないでしょうか。
そんな、むくみケアをしたい人にもごぼう茶はおすすめです。

ごぼう茶で、いつでもすらっとキレイな美脚を目指しましょう!

ダイエット茶のおすすめはどれ?まとめ

ダイエット茶で綺麗に痩せる

ダイエット茶のまとめ、いかがでしたか?
具体的な効果と、どれが特におすすめなのか、わかっていただけたでしょうか。

…と言っても、ダイエットにいいお茶は、今回紹介した種類ばかりではありません。
世界には、昔から飲み継がれてきた、健康にいいお茶がたくさんあるのです。

私たちが普段から飲んでいる、麦茶にほうじ茶、抹茶。
中国や台湾、韓国といったアジアの身近な国には、烏龍茶・黒烏龍茶をはじめ、鉄観音茶・ジャスミン茶・茯茶などがあります。
さらに遠くのヨーロッパなどの国々にも、紅茶・ローズヒップティー・マテ茶などのご当地のお茶が。

お国柄だけではなく、ハトムギ茶・ドクダミ茶・ウコン茶・センナ茶・杜仲茶・柚子茶など、ハーブや漢方を主体にしたお茶もあります。
また、お店によっては、オリジナルのブレンド茶を用意していたりもしますね。

でも、どのお茶も、基本的には老廃物をすっきり出し、私たちの体を内側からキレイにしてくれるものだと思います。
よい香りでリラックスできるのも、魅力ですよね。

今は、専門店でなくても、さまざまな種類のお茶を買うことができます。
ドラッグストアやスーパー、コンビニ。
アットコスメやアマゾンなどのネット通販もありますね。

そして、茶葉ももちろんいいですが、ペットボトルやティーパックで気軽に楽しむことができます。
いろんなお茶を探して、試せる、幸せな時代と言えるでしょう。

ダイエット茶おすすめの飲むタイミング

そして、最後に豆知識。
ダイエット効果を狙うなら、お茶を飲むタイミングも大切です。


  • 運動前=脂肪を分解燃焼してくれる、カフェインやサポニンを多く含むお茶
  • 食事と一緒に=脂肪の吸収を抑制してくれるお茶
  • 就寝前に=ノンカフェインのお茶で、快眠を促す

など、それぞれのお茶の効果を知って使い分けることがポイントです。
もちろん、妊娠中や授乳中はカフェインレスのお茶にするなど、細かな気遣いも重要ですね。

お茶を主体にしたダイエットは、激やせの効果は期待できないかもしれません。
でも、ストレスなく続けられて、キレイに痩せられることが一番の魅力!

自分好みの美味しいお茶を選んで、無理なくダイエットを成功させちゃいましょう。

トップページには、3週間のダイエットで5キロ痩せることにチャレンジする方法を提案しています。3週間で5キロ痩せる目標は、「食べ物」「運動」はもちろん、加えて「サプリメント」で補う方法が無理なく成功するカギ。
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。3週間ダイエット | 5キロ痩せる方法の習慣にした結果トップページ