ダイエット中は水分をとらない方がいい?

ダイエットと水分補給

以前は水分をとることは「水太りになる」と言われ、あまり水分を沢山とることは良いイメージはありませんでした。
しかし最近ではダイエットはもちろん、美容のためにも水分はしっかり摂るべき!という考え方が主流になっています。
それでもやはり、たくさんお水を飲みすぎると体がむくんでしまいそう…と、なかなか沢山お水を飲みきれないという人もいるかもしれませんね。
ここでは、ダイエット中には水分をどうとるのが正解なのか、そしてダイエット効果をアップさせる水のとり方についてまとめました。

ダイエット中はたっぷり水分をとるべき!

ダイエットに水分は欠かせない

まず結論から先に言うと、「ダイエット中には水分が不足しないよう、たっぷり水分をとるべき」です。
その理由はいくつかありますが、主なものは以下の通りです。

代謝をアップさせる

新陳代謝アップ

血液の約半分は水分だと言われています。
血液は体のすみずみまで酸素や栄養分を運ぶ役割がありますが、水分不足になってしまうと血液がドロドロになったりとスムーズに流れなくなり、その結果酸素や栄養分がうまく運ばれずに代謝が低下してしまいます。
なので、お水をたっぷりと飲むことで血液の流れが良くなり、細胞が活性化して代謝のアップが見込めるのです。

便秘を改善する

便秘改善でスッキリお腹

便秘と言えば、美容はもちろんダイエットの敵でもあります。
便秘になってしまうとお腹が張ったりポッコリと出てしまうなど見た目の変化はもちろん、代謝がダウンして痩せにくくなってしまう恐れがあるのです。
実は便秘の大きな原因の一つが「水分不足」。
水分を十分に摂れていないと、便が硬くなってしまうだけでなく、便を押し出す腸の「ぜん動運動」も活発にならずに便秘になってしまうのです。

リンパの流れを良くしてむくみを予防

リンパの流れを良くする

水を飲むとむくむ…というイメージがありますが、実はそれは正しくありません。
むくみの原因には病気などもありますが、一般的には塩分過多であることや筋力不足、そして逆に「水分が不足していること」などが挙げられます。
水分が不足することで、逆に体が水を体に溜め込もうとしてしまうのでむくんでしまうのです。
これを防ぐには、水分をしっかりと摂ってリンパの流れを良くし、老廃物が排出されやすくすることが大事。
老廃物が流れやすくなることで、ダイエットの成功も期待できますね!もちろん塩分を控えたり適度な運動をすることも重要ですよ。

ダイエットの効果をアップさせる水分のとり方は?

コップ1杯の水分

ダイエット中に水分をとるのが大事だというのはわかったけれど、ただ飲むのでは意味がありません。よりダイエットの効果をアップさせるにはどうすれば良いのでしょうか。
まず、1日に飲む量ですが、目標としては1日に2リットルは飲みたいところです。
また、お水の温度ですが理想は「常温」です。
暑い夏などは冷たい水をゴクゴクと飲みたいところですが、冷たい水は体を冷やしてしまい、胃腸の機能も低下させやすいために代謝をダウンさせてしまう恐れがあります。
さらに、一度に大量に飲むのではなく、少しずつ小分けにして飲むのも大事。一度にたくさん飲むと逆に吸収が悪くなってしまいます。
ダイエットにおすすめなのは、食算にコップ一杯のお水を飲むこと。こうすることで胃液が薄められることで脳が満腹だと勘違いするため、食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。

ダイエット中の水分の飲み方まとめ

ダイエットの正しい水分補給

ダイエット中には水分をどうとるのが正解なのか、そしてダイエット効果をアップさせる水のとり方についてまとめました。
ぜひ正しく水分をとって、健康的なダイエットを成功させて下さいね!

トップページには、3週間のダイエットで5キロ痩せることにチャレンジする方法を提案しています。3週間で5キロ痩せる目標は、「食べ物」「運動」はもちろん、加えて「サプリメント」で補う方法が無理なく成功するカギ。
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

3週間ダイエットで5キロ痩せる方法の習慣トップページ